オンガード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェンシングの構えの事を指す。

言葉で説明するのはかなり困難だが、ここではあえて行う事にする。

1、直立の姿勢から、利き腕の方向へと首を向ける。
2、利き腕の側の足を、踵を軸にして外側に九十度回転させる(足のラインが直交する)。
3、横に向けた足を向けた首の方向へと踏み出す。歩幅は大体肩幅。 この時点で雲行きが怪しくなってくる
4、腰を落とす。どの程度落とすかは自分で判断するのは容易でないが、自分から見て両足と床が作るラインが五角形になるぐらいが良い。
ガニ股になっている。決して格好いい構えではない。
5、その上で体の正面を踏み出した足の方へ向け、かつ利き腕を曲げ、脇を締める。
最早フォローのしようもなく不細工である

以上、曖昧さを排し、精密性に言及した説明だが分かりにくい点も多々あるだろう。
詳しくは実物を見て頂きたい。