パッサバン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルシェボンナバンに続く第三の歩行術。
フェンシングでは通常は足の前後が入れ替わる事は無い。
右利きであれば常に右足が前に出ており、それに左足が追従する形を維持するのである。

だが、この歩行術は後ろ足を先に動かし、足を交差させる動きなのだ。
詰まり「パッサバン」は三番手に位置しながら、最も日常に近い形で前進する方法なのである。

にもかかわらず、サーブルではやった瞬間に反則行為として警告を食らう。
思わずフレッシュを飛んでも警告。おまけに腕とかを思いっきり切られると蚯蚓腫れになる。
だからサーブルは嫌なんだ。やめてよね(フルーレ人の発言)。

主な使用ポイントとしてはリズムや距離を変える時。言わば生活のスパイス。
ただし、友人や恋人との間合いを測る時には使えず、逆に人前でこれを使うと奇異の目で見られる事請け合いである。
そういう意味でも変化を求めているのならば使用を止める気は無いが、それなりの覚悟は必要。