仁木駅
函館本線


 仁木町の中心駅で,秋にはSLニセコ号が停車する.町名の「仁木」は明治時代の功績者・仁木竹吉の姓から付けられた.

仁木駅の様子


駅看板1 駅看板2
niki_guide.jpg niki_map.jpg
ようこそ仁木へ(クリックすると拡大可) マップ(クリックすると拡大可)
駅の風景 (小樽方面を望む) 駅の風景 (長万部方面を望む)

駅情報


 ホームは1面1線であるが,駅の前後で線路が少しカーブしているので,かつては交換可能駅だったと思われる.小樽方面から当駅までの通学利用者は比較的多いが,当駅は折り返し設備を持たないので隣の然別で折り返す.駅前には公衆電話・身障者対応トイレのほか,乗車券を販売している商店がある.駅からは徒歩8分でセブンイレブン,徒歩9分でエネオスがある.
 夏や秋に行けばくだもの狩りを楽しむことができる.仁木周辺ではりんご,ぶどう,さくらんぼなどを狩ることができる.

[2007/06/17,村山 弘]

隣接駅


然別  ←  仁木  →  余市



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)