渡島砂原駅
函館本線(砂原線)


茅部郡森町砂原会所町に位置する無人駅である。駅ナンバリングはN66である。

渡島砂原駅の様子


駅看板1 駅看板2
顔出し看板 駅の風景1 大沼方面を望む)
駅の風景2 方面を望む) 駅舎内のようす
oshima-sawara_guide_large.JPG
砂崎灯台と町営牧場の案内 (クリックで拡大) 国道278号線 (森方面を望む)
道道1028号線へと続く道 函館バス「砂原4丁目」停留所

駅情報


 2面2線の地上駅である。北側に駅舎があり、内部には待合所がある。また、駅舎の西側には別棟で汲み取り式のトイレがある。

 当駅は市街地の外れに位置し、駅前を通る国道278号線 (恵山国道) に沿って西へ1200mほど進んだところに郵便局が、さらに400mほど進んだところに道の駅「つど~る・プラザ・さわら」がある。また、駅前から国道を渡り、1車線の道を北へ100mほど進んだところに森町郷土館が、さらに200mほど進み道道1028号線とクロスしたところに函館バスの「砂原4丁目」停留所がある。なお、駅周辺の名所のひとつに「砂崎灯台」という砂浜に立つ灯台があるのだが、当駅から北東2500mと距離があるため、徒歩で訪れる際には時間と体力に注意されたい。

[2013/07/13,奈サク]

隣接駅


渡島沼尻  ←  渡島砂原  →  掛澗



Copyright c 1997-2015 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)