キハ40系キハ40-331

jrhdc40-kiha40-331.jpg

編成メモ


昭和54年にキハ40-143として富士重工で製造され苗穂に新製配置され、昭和63年に急行列車気動車化に伴い改造を受けキハ400-143に改番された。
現在の番号になったのは平成12年で、急行列車を特急列車に格上げした際に余剰になったこの車両を札沼線向けに改造した。
札沼線から撤退した後は主に苗穂運転所~同工場間の入出場車を輸送している。


[2013/9/30]


Copyright c 1997-2013 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)