函館市電の函館駅前停留所では,現在安全地帯の改築工事が行われています.工事期間は今年6月9日から9月下旬まで [1][2] で,工事に伴い,ホームや屋根など従来の設備が全て撤去されたほか,約50m十字街側に仮設停留所が建設されました.ここでは,7月21日時点の様子をお送りします.

pic5.JPG
工事が進められている函館駅前停留所.

pic6.JPG
従来のホームや屋根などは全て撤去されましたが,筆者訪問時,新たに木製の簡素なホームが設置されていました.
花火大会が開催される7月20日と8月1日には,十字街側の仮設停留所ではなく,こちらの施設が使用されるとのことです [1][2]

pic1.JPG
十字街側に建設された仮設停留所.

pic2.JPG
十字街方面の眺め.ホームはコンクリート製です.

pic3.JPG
湯の川方面行のホームは渡り線の関係からか,このように一部幅が狭くなっています.

pic4.JPG
停留所標識.

参考

[1]函館市(2014)「駅前電停改修工事のお知らせ」2014年6月11日発表 函館市HP(http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014061000044/
[2]企業局交通部施設課長(2014)「函館駅前電停改築工事に伴う仮設電停の設置に係る報道について(依頼)」2014年6月11日発表(http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014060300015/files/0611-01.pdf

[2014/7/27, 奈サク]

Copyright © 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)