7月31日,札幌~富良野間を結ぶ臨時特急フラノラベンダーエクスプレス3号・2号をキハ183系一般車が代走しました.これは,本来これらの列車に使用されるキハ183系5200番台ノースレインボー車において,車内の空調や照明設備等の不具合が生じ,修繕が必要になったことによるものです [1]

 代走車両は苗穂車5両で,3号車・4号車が自由席,それ以外が指定席でした.また,富良野方先頭車である1号車には,「白ボウズ」の愛称で知られるキハ183-104が使用されました.

furano1.JPG
フラノラベンダーエクスプレス3号の運用に向け,苗穂運転所から回送されてきたキハ183系一般車5両.

furano2.JPG
富良野方先頭車に使用された「白ボウズ」.

furano3.JPG
フラノラベンダーエクスプレス3号の案内と「白ボウズ」の組み合わせ.

←富良野                         札幌→
キハ183-104 キハ182-11 キハ182-43 キハ182-23 キハ183-4559

参考

[1] JR北海道(2014)「「フラノラベンダーエクスプレス3号・2号」使用車両の変更について」2014年7月30日発表 プレスリリース(http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140730-2.pdf

[2014/8/1, 奈サク]

Copyright © 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)