9月29日,網走からの特急オホーツク8号と函館からの特急北斗17号が,札幌駅で隣同士に並びました.通常であればこれら2列車が並ぶことはありません.

 これはオホーツク8号の遅延および到着番線変更によるものです.当日オホーツク8号は定刻の22:38よりも20分近く遅れた22:59に,所定の1番線ではなく3番線に到着しました。そして23:02,北斗17号が所定の2番線に入線した結果,キハ183系一般車が肩を並べるという光景が展開されました.

okhokuto1.JPG
22:59に3番線に到着したオホーツク8号.

okhokuto2.JPG
そして2番線に北斗17号が滑り込み…

okhokuto3.JPG
貫通型先頭車が並びました.

okhokuto4.JPG
反対側から撮影.こちらはスラントノーズと貫通型の並びです.

okhokuto5.JPG
約15分後,オホーツク8号の車両は苗穂運転所へ,北斗17号の車両は札幌運転所へそれぞれ回送されていきました.


【編成データ】

オホーツク8号

←遠軽                    網走・札幌→
キハ183-1553 キハ182-3 キロハ182-3 キハ183-211

北斗17号

←函館                                             札幌→
キハ183-3565 キハ182-7561 キロ182-2553 キハ182-2558 キハ182-7551 キハ183-3564

[2014/9/29]

Copyright © 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)