10月5・6日,711系を使用した団体列車「ありがとう711系・道央縦横断号」が運転されました.運転経路は1日目が旭川→小樽→室蘭,2日目が室蘭→北海道医療大学→旭川で,両日とも旧塗装リバイバル編成であるS-110編成が充当されました。

ec711_01.JPG
小樽に向かうS-110編成.この列車が来る少し前,函館本線で何かしらの輸送トラブルが発生したらしく,
白石―札幌間は普段千歳線の列車が使用する内側線を走行しました. (10月5日,苗穂―札幌)

ec711_02.JPG
側面を撮影. (10月5日,苗穂―札幌)

ec711_03.JPG
小樽からの折返し. (10月5日,桑園)

ec711_04.JPG
桑園で一旦停車した後… (10月5日,桑園)

ec711_05.JPG

ec711_06.JPG

ec711_07.JPG

ec711_08.JPG
定期列車が使用することのない渡り線を走行しました. (10月5日,桑園)

ec711_09.JPG
札幌での運転停車の様子. (10月5日,札幌)

ec711_10.JPG
専用ヘッドマーク. (10月5日,札幌)

ec711_11.JPG
専用サボ. (10月5日,札幌)

ec711_12.JPG
室蘭に向けて出発しました. (10月5日,札幌)

ec711_13.JPG
2日目は札沼線を走行しました. (10月6日,百合が原―太平)

[2014/10/7]

Copyright © 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)