2008年11月8,9,10,24,25日の計5日間、団体臨時SL列車「SLクラブツーリズム号」が運転されました。ここでは、「SLクラブツーリズム号」の様子をお伝えします。

 (運転日・運転区間)
11月8,9,10日……札幌~倶知安を1往復
11月24,25日……札幌~小樽を2往復

このほか、苗穂運転所への入出庫を兼ねて、札幌~苗穂運転所間は回送列車として運転した。

 (機関車)
 いずれも、札幌発の列車は全区間で先頭車がSL正向き、最後尾に後補機のディーゼル機関車がついた。札幌着の列車は回送となり、全区間で先頭車はディーゼル機関車、SLは最後尾についた。


 #撮影日:2008/11/08,小樽築港~南小樽にて
 「SLニセコ号」と同じ機関車(C11 207)・客車が使用されました。

 #撮影日:2008/11/08,小樽にて
 小樽で停車中。後補機も「SLニセコ号」と同じ車両でした。(DE15 1520)

 #撮影日:2008/11/08,小樽にて
 客車のサボは「団体」でした。

 #撮影日:2008/11/08,小樽~塩谷にて
 この日は倶知安まで運転。小樽駅を出て1kmほど歩いたところから列車を撮影しました。

 #撮影日:2008/11/08,小樽~塩谷にて
 煙が勢いよく上がっています。

 #撮影日:2008/11/08,小樽~塩谷にて
 ヘッドマークが、この団体臨時列車のため特製のものになています。

 #撮影日:2008/11/10,苗穂運転所にて
 10日は苗穂へ撮影しに行きました。

 #撮影日:2008/11/10,苗穂運転所にて
 苗穂運転所から札幌へ出庫する様子です。

 #撮影日:2008/11/10,苗穂運転所にて
 学園都市線のキハ40(キハ40 332)と並びました。

 #撮影日:2008/11/10,苗穂運転所にて
 この日、ここでは数名の撮影者がいました。

 #撮影日:2008/11/24,朝里~小樽築港にて
 24日、3度目のSL撮影へ。すっかり雪が積もりました。

 #撮影日:2008/11/24,朝里~小樽築港にて
 煙はあまり出ていないようです。

 #撮影日:2008/11/24,朝里~小樽築港にて
 上の列車の後追いです。この写真を撮影した後に黒煙が上がりました。

 #撮影日:2008/11/24,南小樽~小樽築港にて
 この日は小樽で折り返し。復路はDE15が先頭で、SLを後追い撮影しました。

 #撮影日:2008/11/24,小樽築港~南小樽にて
 小樽行き、2本目のSLです。


 以上です。次回のSL列車は「SLクリスマスin小樽」(札幌~小樽間運転)となるでしょう。そのときは勢いよく上がる煙に期待です。


 (参考文献)
『鉄道ダイヤ情報』⑪ 2008 No.295 交通新聞社


[文責・画像:村山弘]

Copyright © 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)