ひたちなか通信
2014年12月

OBの加藤です、ご無沙汰しております。最近は仕事と成長しつつある娘に翻弄されて、鉄活動がだいぶおざなりになっており申し訳ありません。先日(12/7)ひたちなか海浜鉄道湊線で行われた、キハ222(元羽幌炭礦鐵道)の勇退式が行われましたので、その様子をお伝えします。

キハ222の活躍をたたえる写真たち、那珂湊駅にて

長い間お疲れ様でした、といっても解体されるわけじゃないけど。でも先輩がいなくなるような感じがして、淋しい


全般検査と、3年後の主要部品検査で多大なお金がかかること、また、エンジンの調子があまり良くない中、DMH17Cの部品が確保できないことも、さよなら運転を決めた要因となっているらしい。これらの問題がクリアできれば、まだ復活の可能性はあると私は考えている


[文責・画像:加藤 翔平('08年3月卒業)]




Copyright © 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)