銚子口駅
函館本線(砂原線)


亀田郡七飯町東大沼に位置する無人駅である。駅ナンバリングはN69である。

銚子口駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景1 大沼方面を望む) 駅の風景2 方面を望む)
choshiguchi_guide_large.JPG
名所案内 (クリックで拡大) 駅から見た駒ケ岳
待合所の様子 子どもギャラリー
駅看板3 駅前の風景

駅情報


 2面2線の地上駅である。砂原支線を通る普通列車の多くは当駅で交換する。駅舎は東側のホームに隣接しており、内部には待合所がある。筆者が訪問した際、待合所には「子どもギャラリー」と題し、地元小学校の全校児童8名の絵画作品が展示されていた。また、駅舎の北側には別棟で汲み取り式のトイレがある。

 駅周辺には森林が広がっており、その中に小さな集落が点在している。駅前の道路を北東へ1.7kmほど進んだところには東大沼温泉があり、ここで日帰り入浴を楽しむことも可能である。一方、駅前の南側にあるY字路から左手の道を南へ200mほど進み、T字路を左折して東へ1.3kmほど進むと道道43号線に出るが、この道道沿いには函館バスの「駒見」停留所がある。ここには函館と鹿部出張所を結ぶバスが1日3往復停車する。

[2014/11/03,奈サク]
[最終更新:2016/09/05、乗リツ]

隣接駅


流山温泉  ←  銚子口  →  鹿部



Copyright c 1997-2015 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)