中須田駅
江差線


緩急車改造駅舎を持つ簡素な駅である.

中須田駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景(江差方向を望む) 駅の風景(木古内方向を望む)


駅情報

 この駅の見どころはなんと言っても「半分宙に浮いた駅舎」である.単にオーバーハングしているということもできるが,いずれにせよなかなかお目に掛かれない.
 また,緩急車改造駅舎を持つ駅でも,大抵は待合室の中を通らずともホームと駅の外を行き来することができる.しかしこの駅の場合はまず階段を登って駅舎に入り,待合室の中を通り,反対側の出口へ行かなければホームへは入れない構造になっている.駅舎の横をすり抜けることもできるが,それは若者の特権である.

 駅周辺は住宅地になっている.線路沿いに木古内方へ向かうと徒歩 10 分弱のところに郵便局がある.

[2007/09/24,雅]

2014年5月12日の江差線木古内ー江差間の廃線に伴い廃駅となる予定である.

[2013/09/24,山口 亮(追記)]

隣接駅


桂岡  ←  中須田  →  上ノ国




Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)