桂岡駅
江差線


緩急車改造駅舎を持つ簡素な駅である.

桂岡駅の様子


駅看板 頭端式ホームの跡
駅の風景(江差方向を望む) 駅の風景(木古内方向を望む)


駅情報

 江差線は木古内を出ると渡島地方と檜山地方を隔てる稲穂峠を越え,その後は天野川が作る谷間に沿って山を下りてくる.隣の宮越駅までは山間だが,この駅周辺まで来ると大分土地が開けてくる.

 駅周辺には集落が形成されている.しかし郵便局やコンビニの類は存在しない.

 待合室の隣・木古内方には,短い頭端式ホームの跡が残っている.鉄道貨物が物流の主流だった時代には,このような場所に貨車を入れて荷物を積み卸ししたという記録が多く残っている.かつてはこの駅でも貨物の扱いがあったのだろう.

[2007/09/24,雅]

2014年5月12日の江差線木古内ー江差間の廃線に伴い廃駅となる予定である.

[2013/09/24,山口 亮(追記)]

隣接駅


宮越  ←  桂岡  →  中須田




Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)