EH800形電気機関車
JR貨物

EH800.JPG

2016年3月26日の北海道新幹線開業に合わせ、新幹線と貨物列車で青函トンネルを共用することから、交流25000V/50Hz対応・DS-ATC搭載の機関車として製造された。
2012年に試作機901号機が落成し、その試験結果を反映した量産車が2014年から製造開始された。ED79形機関車を使用する貨物列車から中心にこのEH800に置き換えられ、北海道新幹線の開業前から活躍している。


2016年6月から運行した「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」(青森〜五稜郭間)で牽引機として使用された実績もある。

その他の情報



[2016/7/ 5]


Copyright c 1997-2016 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)