北海道駅めぐり > 北海道新幹線 > 木古内駅

木古内駅


木古内町の中心駅。本州方面から見て、北海道内最初の新幹線停車駅である。江差線から移管された道南いさりび鉄道との乗換駅となっている。

木古内駅の様子

駅舎北側(JR北海道) 駅舎南側(道南いさりび鉄道)
駅看板1(北海道新幹線) 駅看板2(道南いさりび鉄道線)
駅の風景(新青森方向を望む) 駅の風景(新函館北斗方向を望む)
Kikonai ticket selling machine.jpg
立入禁止の旧特急ホーム いさりび鉄道の自動券売機
Kikonai inside Isaribi.jpg
2017年9月の木古内駅在来線構内

駅情報

 北海道新幹線2面2線、道南いさりび鉄道線1面2線のホームを持つ駅である。JR北海道は北側、道南いさりび鉄道は南側に駅舎を持つ。前者は1階に窓口と改札が、2階にホームがあり、後者は2階に待合室と自動券売機が、1階にホームがある。両者は連絡通路で結ばれている。

 かつては南東側から青森方面行き、青森方面から函館方面行き、同待避線になっていた。また、ホームの短い北西側2線は道南いさりび鉄道線の普通列車が入線する。かつて特急列車・貨物列車が入線していたホームは休止扱いとなって立ち入りが出来なくなり、その後解体された。ただし現在でも貨物列車が入線することがある。

 街は駅の南東側に開けており、駅前には道の駅、郵便局と飲食店がある。

接続するバス路線

 函館市中心部と木古内を結ぶバスや、江差方面、松前方面に向かうバスが停車する。

在来線時代の様子


木古内町の中心駅.「北の大地の始発駅」という文言が掲げられている通り,青森方面から青函トンネルを抜けてきた列車の半数強がこの駅を北海道内で最初に停車する場所としている.

木古内駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景(江差・青森方向を望む) 駅の風景(函館方向を望む)
名所案内 駅前の様子



[2007/09/22,雅]
[2016/03/25,七ナナ(一部内容改訂)]
[2016/03/26,東モト(一部内容改訂)]

隣接駅





Copyright c 1997-2016 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|