長万部駅

Oshamanbe Station.JPG

函館本線と室蘭本線が分岐する駅である。所在地は長万部町長万部であり、駅ナンバリングはH47である。

長万部駅の様子

Oshamanbe Nameboard track 2.JPG Oshamanbe Nameboard track 4_2.JPG
駅名標(2番線) 駅名標(4番線)
Oshamanbe Nameplate.JPG Oshamanbe path.JPG
ホーロー板駅名標 改札口から跨線橋に至る通路
Oshamanbe Departure Guide.JPG Oshamanbe Entrance.JPG
発車案内 改札口
Oshamanbe local timetable.JPG Oshamanbe Local timetable bound for Hakodate.JPG
日本語の時刻表 英語の時刻表(函館方面)
Oshamanbe English Timetable bound for Higashi Muroran.JPG Oshamanbe Local timetable bound for Kucchan.JPG
英語の時刻表(東室蘭方面) 英語の時刻表(倶知安方面)
View from Oshamanbe toward Nakanosawa.JPG Oshamanbe local track 2.JPG
跨線橋から方面を望む 2番線に入線した函館本線倶知安行普通列車
Oshamanbe Hokkaido Shinkansen.JPG Oshamanbe Busstop.JPG
北海道新幹線開業1周年記念の展示 長万部駅前バス停
上記写真にある時刻はダイヤ改正によって変更されているため、要確認。

駅情報


 ホームは島式の2面4線であり、駅舎側から順に1番線-4番線となっている。このほかに2番線と3番線の間に中線1本が、4番線の北側に留置線が4本ある。このさらに北側の空き地は北海道新幹線の長万部駅となる予定である。1番線・2番線には特急「北斗」・「スーパー北斗」が発着する。1番線は上り(函館行)が、2番線には下り(札幌行)が発着する。ただし一部普通列車が臨時で2番線を使う場合がある。
 3番線・4番線には普通列車が発着する。また、函館本線小樽倶知安経由の臨時特急「ニセコ」も4番線を使用する。

 駅前にはバス停があり、函館やせたな町(函館バス)、黒松内・寿都方面(ニセコバス)に向かうバスが発着する。函館バスの函館長万部線は1日4往復、瀬棚線は1日7往復運行されている。ニセコバスの長万部線は1日2往復が運行されている。

 駅前から東室蘭方面に線路と並行に歩いて右に曲がると、ツルハドラッグおよびスーパーのラルズマートがある。この道をさらに進むとセブンイレブンがある。また、駅の北側(駅舎と反対側)には長万部温泉(駅から徒歩10分)があるほか、駅南側の陸橋を渡ったところにはセイコーマートがある。




[2016/08/10・09/05・06・2017/01/06・2/24、乗リツ]

隣接駅


中ノ沢  ←  長万部  →  二股 / 静狩



Copyright c 1997-2016 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)