塘路駅
釧網本線


 標茶町塘路に位置する。東釧路駅と標茶駅の間にある唯一の列車交換可能駅である。標茶町塘路にあり、駅ナンバリングはB58である。

塘路駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景(釧路方向を望む) 駅の風景(網走方向を望む)
toro_map1_large.jpg
塘路駅周辺図(クリックすると拡大可) 記念写真スタンド
toro_map3_large.jpg
パソコンコーナー 距離図(クリックすると拡大可)


駅情報

 2面2線の対向式ホームに側線が1線ある駅で、駅舎のある方が釧路行きホームである。駅舎内に喫茶店があり、SL冬の湿原号のサボなどのさまざまな鉄道のコレクションが展示されているが、店内は撮影禁止である。

 駅舎横にも周辺マップがあり、そちらには塘路駅周辺にある展望台までの距離図が書かれている。参考までに、当駅から撮影スポットとして有名な二本松までは約3km、サルボ展望台までは約2.3kmのところにある。

 夏に運行される釧路湿原ノロッコ号はこの駅で折り返す。ノロッコ号に乗車するツアーがあると、駅前に観光バスが多く並ぶ。

 塘路の市街地を経由するバス路線には標茶町有バス阿歴内線がある。
[2008/01/20,村山 弘]
最終更新 2016/10/09、 乗リツ

隣接駅


細岡  ←  塘路  →  茅沼



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)