百合が原駅
札沼線


札幌市北区百合が原に位置する無人駅である。写真は東口を映したものである。駅ナンバリングはG07である。

百合が原駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景1 (ホームから新十津川方面を望む) 駅の風景2 (ホームから札幌方面を望む)
駅の風景3 (跨線橋から新十津川方面を望む) 駅の風景4 (跨線橋から札幌方面を望む)
東口の風景 百合が原公園の入口
西口の外観 西口の風景

百合が原駅の様子(電化開業前)


駅の外観
駅看板1 駅看板2
駅の風景1 (ホームから新十津川方面を望む) 駅の風景2 (ホームから札幌方面を望む)
駅の風景3 (跨線橋から新十津川方面を望む) 駅の風景4 (跨線橋から札幌方面を望む)

駅情報


 2面2線の地上駅である。駅の出入口は構内の東側および西側に設けられている。

 当駅はもともと百合が原公園で開催されたイベント「全国都市緑化フェア」の来場者向けに設置された臨時駅であった。駅の構造が比較的簡素なのはこのためである。開業日は1986年6月28日であり、同年11月1日にダイヤ改正に合わせて開業した新川臨時駅 (現新川駅 、太平臨時駅 (現太平駅)あいの里教育大駅よりも早く開業している。その後、地元住民の利用が多かったこともあってそのまま営業が続けられ、JR北海道が発足した1987年4月1日に駅に昇格した [1]

 駅周辺には住宅地が広がっている。東口には駅前広場が整備されており、この駅前広場から南東へ300mほど進んだところには中央バスの「百合が原公園」停留所があり、篠路駅、栄町駅、麻生駅などへのバス(麻27系統)が発着しているほか、前述の百合が原公園の入口がある。また、バス停から北東へ400mほど進んだところにはセブンイレブンがある。

 一方の西口はすぐ目の前に住宅が迫っており、駅前のスペースは狭い。西口から北へ100m、西へ100m、さらに北へ50mほど進んだところには、中央バスの「太平9条6丁目」停留所があり、麻生駅や札幌ターミナルなどへのバス(麻32系統)が発着しているほか、スパーというコンビニがある。

参考


[1] 矢代新一郎編集(2008)『日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道』 今尾恵介監修,新潮社.

[2007/05/04,柏 達哉]
[2014/10/19,奈サク (再訪) ]

隣接駅


太平  ←  百合が原  →  篠路



Copyright c 1997-2015 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)