石狩太美駅
札沼線


当別町南部の太美地区に位置する駅である。駅ナンバリングはG12である。

石狩太美駅の様子(2014年8月6日時点)


駅看板1 駅看板2
駅の風景1 (新十津川方面を望む) 駅の風景2 (札幌方面を望む)
駅看板3 乗車駅証明書発行機
駅舎内の様子 駅看板4
北口の風景 周辺案内 (クリックで拡大)
当別ふれあいバス「JR太美駅」停留所 当別ふれあいバス

石狩太美駅の様子(2007年7月25日時点)


駅の外観
駅看板1 駅看板2
駅の風景1 (新十津川方面を望む) 駅の風景2 (札幌方面を望む)
駅看板3 北口の風景
周辺案内1 周辺案内2 (クリックで拡大)

駅情報


 2面2線のホームと、保線車輌の留置線を有する地上駅である。スウェーデン風のハイカラな駅舎が北側の2番ホームに隣接しており、内部には待合場があるほか、当別観光情報プラザ「FILA」 (フィーカ) が入っている。かつては駅舎内にロイズチョコレートの直販店が入っていたが、既に閉店している。また,南側の1番ホームにも出入口があり、その近くには乗車駅証明書発行機が設置されている。

 北口は駅前広場として整備されており、当別ふれあいバスの「JR太美駅」停留所がある。周辺には住宅地が広がっており、駅前広場正面やや右手の大通りを北に300mほど進んだところには郵便局が、そこからさらに北へ100mほど進み、交差点を右に曲がったところにはセブンイレブンがある。

 なお、前述の通り周辺には住宅地が広がっており、乗降客数は少なくないのだが、当別町の某不動産仲介業者の話によれば「太美は札幌に近いが札幌市内ではないために土地が安い。そのため、太美に居宅を購入し、通勤は列車本数の多い隣駅、あいの里公園駅まで自家用車を走らせ、そこから汽車で札幌へ出る人も少なくない」ということである (2007年時点の情報)

[2007/07/25,雅]
[2014/08/06,奈サク (再訪) ]
[最終更新 2016/09/28、 乗リツ]

隣接駅


あいの里公園  ←  石狩太美  →  石狩当別



Copyright c 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)