キハ183系気動車
JR北海道

jrhdc183-02.jpg

 キハ183系気動車は、老朽化が目立ってきたキハ80系気動車の置き換えや、道内の特急列車におけるアコモ改良ならびに性能アップを目的に、1979年より製造が進められてきた特急型気動車である。九州にも本系列の車両が4両投入されたが、本稿では割愛する。

 1979年、試作車である900番台が登場した。走行機器はキハ40系100番台やキハ181系をベースに開発され、耐寒・耐雪装備の強化も行われている。先頭車は非貫通型・高運転台で、前面が「スラントノーズ」と呼ばれる雪の着きにくい独特の形状となったほか、車内サービス用の電源装置と機器室が設置された。一部の客室窓は非常時に備えて開閉式となり、試作車の特徴のひとつとなっていた。普通車の座席にはR51型簡易リクライニングシートが採用され、車内設備の向上が図られた。また、食堂車を連結しないため、グリーン車の出入り口付近にはビュッフェ並みの調理設備を備えた車販準備室が設けられた。

 試作車による走行試験の後、1981年に本格的な量産が開始された。ここで製造された量産車 (以下、初期車) の0番台は、概ね試作車とほぼ同じ仕様であったが、試作車に設けられていた開閉式の窓は廃止されている。

 1986年には、ほかの交通機関との競合に対応するため、大幅なアコモ改良とスピードアップを図った500・1500番台が登場した。このグループはN183系とも呼ばれている。先頭車は分割併合を考慮した貫通型となったほか、機器の小型化で客室部分が拡大されたことにより座席定員が増加した。グリーン車は眺めの良いハイデッカー構造となり、普通車は航空機のような背面テーブル付きのR55型リクライニングシートが装備された。また、走行機器にも改良が加えられ、小型で高出力の直噴形エンジンの採用等により、120km/h運転にも対応している。

 JR化後の1988年には、車体の大まかな構造はN183系と同様ながら、内装や走行機器等に改良が加えられた550・1550番台が登場した。このグループはNN183系とも呼ばれている。また1991年には、特急「スーパーとかち」 (札幌‐帯広) 用に、2階建てのグリーン・普通合造車であるキサロハ182形550番台も製造されている。

 以上で述べてきた車両は定期列車向けの一般車であるが、これとは別に団体列車・臨時列車向けのジョイフルトレインも製造された。1988年に5000番台の「ニセコエクスプレス」、1989年に5100番台の「クリスタルエクスプレス」、1992年に5200番台の「ノースレインボーエクスプレス」がそれぞれ登場している。

 キハ183系には様々な改造車が登場している。代表的なものとしては、短編成での運用に対応するために電源装置付き中間車のキハ184形0番台を先頭車化したキハ183形100番台、動力をもたない14系客車やキサロハ182形550番台を連結して走行するために0番台のエンジンを高出力なものに交換した200番台、特急「北斗」 (札幌-函館) で130km/h運転を行うために500・550・1550番台のブレーキ機器を改造した2550・3550・4550番台、特急「オホーツク」 (札幌‐網走) の比較的少ないグリーン車需要に合わせてキロ182形0番台に普通車スペースを設けたキロハ182形0番台、ジョイフルトレインとして500・1550番台をお座敷車両に改造した6000番台が挙げられる。また最近では、2013年に発生したエンジン付近からの出火事故を受け、2550番台にエンジン交換等を施した7550番台も2014年に登場している。このほかにも、番台の変更を伴わないアコモ改造が数多く行われており、形式・性能・内装など、あらゆる点において非常に多彩なバリエーションを誇る。

 登場以来、長らく北海道の都市間輸送の主役として君臨してきたキハ183系であったが、近年ではキハ283系やキハ261系といった新型車両の台頭により活躍の場を狭めつつある。試作車・初期車を中心に廃車も行われており、試作車は2001年に、2階建て車両のキサロハ182形550番台は特急「とかち」 (札幌-帯広) および特急「おおぞら」 (札幌-釧路) の運用を離脱してから釧路運輸車両所で長年留置された後の2013年にそれぞれ全廃された。また、廃車となった初期車の一部は、2008・2010年にミャンマー国鉄へ譲渡されている。

 2014年10月現在、特急「オホーツク」、特急「サロベツ」 (札幌-稚内) 、特急「北斗」にて定期運用がある。また、団体列車や臨時列車、ほかの特急型車両で不具合が発生した際の代走列車として使用されることもある。前述のように、後継車両に都市間輸送の主役を譲る格好となったキハ183系ではあるが、現在も重要な戦力であることに変わりはない。

その他の情報


jrhdc183-03.jpg jrhdc183-13.JPG
スラントノーズ先頭車のキハ183形200番台 キハ182形0番台
jrhdc183-14.JPG jrhdc183-15.JPG
グリーン・普通合造車のキロハ182形0番台 1両のみ現存するキロ182形0番台
jrhdc183-08.jpg jrhdc183-09.jpg
元中間車のキハ183形100番台 HET色車は「青ボウズ」の愛称をもつ
jrhdc183-11.jpg jrhdc183-10.jpg
「白ボウズ」の愛称をもつとかち色車 現在は「白ボウズ」1両のみが在籍している
jrhdc183-04.jpg jrhdc183-05.jpg
初期車4両は2001年に国鉄色に復元された 国鉄色復元車両は2010年に廃車された
jrhdc183-16.JPG jrhdc183-17.JPG
貫通型先頭車のキハ183形1500番台 「サロベツ」車両はトイレが増設されている
jrhdc183-18.JPG jrhdc183-19.JPG
貫通型先頭車のキハ183形500番台 キハ182形500番台
jrhdc183-20.JPG jrhdc183-21.JPG
ハイデッカーグリーン車のキロ182形500番台 130km/h運転対応のキロ182形2550番台
jrhdc183-07.jpg jrhdc183-06.jpg
貫通型先頭車のキハ183形1550番台 2009年までは4両が「とかち」で活躍していた
jrhdc183-22.JPG jrhdc183-01.jpg
「とかち」廃止後は「オホーツク」に転用された 「サロベツ」でも2両が活躍中
jrhdc183-23.JPG jrhdc183-24.JPG
130km/h運転対応のキハ183形3550番台 130km/h運転対応のキハ183形4550番台
jrhdc183-25.JPG jrhdc183-26.JPG
130km/h運転対応のキハ182形2550番台 エンジンが交換されたキハ182形7550番台
jrhdc183-12.jpg
2013年に廃車されたキサロハ182形550番台 「まりも」の発車シーン

[2014/05/23改]
[2014/10/18改]


Copyright c 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)