将軍山駅
石北本線


 当麻町北星2区に位置する、農村地帯の簡素な駅である。駅ナンバリングはA36である。

将軍山駅の様子


駅看板 駅の風景 (旭川方面を望む)
shogunzan_guide.jpg
待合室 周辺案内? (クリックで拡大)
将軍山(の南半分)

駅情報


 乗降場として1960年に開業し、1987年に駅に昇格した比較的新しい駅だが、利用者の少ない駅のようで、普通列車でもこの駅を通過する列車が少なくない。事実2011年-2014年の利用者数(乗降客数を2で割ったもの)は0と1の間を行き来しており(国土数値情報 - 駅別乗降客数)、「極端にご利用の少ない駅」では利用者が「1人より多く10人未満の駅」となっている。周囲には田畑が広がり、民家が散在する。駅の東側にある標高 238.9m の山が「将軍山」である。
 ホームから少し離れたところに待合室があるが、駅名も何も掲げていない (かつて掲げられていたような跡はあるが) ので一見してそれとは判りにくい。中にはベンチの代わりにソファや、高級車から外してきたと思われるシートが設置されている。また,誰が貼り付けたか時刻表と周辺地図が掲示されている。
 駅から900mほど北に歩いて国道39号に出ると、当麻25丁目バス停にたどり着く。道北バスの71系統(永山経由愛別線)、81系統(層雲峡線)がここを経由する。71系統は1日3往復、81系統は1日7往復運行されている。
[2006/11/05,雅]

隣接駅


当麻  ←  将軍山  →  伊香牛



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)