永山駅
宗谷本線


旭川市永山1条19丁目にある駅である。写真からは複線区間としか見えないが、ここは単線である。
駅ナンバリングはW31である。

永山駅の様子


駅看板1 駅前の風景
駅の風景1 駅の風景2

駅情報

 旭川市内では珍しく有人駅。生活路線である。永山中心部は時代と共に南側へ推移していったため。駅周辺は閑散とした印象が強いが、乗客数はさほど少なくない。永山地区のメインストリートから少し引っ込んでいる。近所にAコープがあるが、スーパーというよりは地場産センターに近い。駅からまっすぐ数百メートル行くと旧永山戸長役場復元跡がある。当時この辺りは永山村番外地と呼ばれていた。そのほかに、現・上川支庁舎や永山神社がある。永山地区は初夏から夏にかけて数多くの祭りがあり、御輿や出店でにぎわう。
 快速なよろは全列車が停車する。

 駅前通りを歩いて国道39号に出ると道北バスの永山2条19丁目バス停があり、多くのバスが停まる。また、駅の裏側には同じく道北バスの永山北1条9丁目バス停がある。

[2006/08/26,早]

隣接駅


新旭川  ←  永山  →  北永山



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)