比布駅
宗谷本線


スキーといちごの町・比布町の中心駅である。2016年3月新駅舎の供用を開始した。
所在地は比布町西町であり、駅ナンバリングはW34である。

比布駅の様子


ホームから見た駅舎 駅前の様子
駅舎内1 駅舎内2

※その他駅の風景は以下の「旧駅舎の様子」をご覧ください。

駅情報

 ホームは2面2線。新駅舎は2016年3月15日から供用を開始した。

 駅舎内にはバリアフリー対応のトイレ及び交流スペース(2016年4月1日より使用開始)がある。冬期はストーブが稼動する。

 駅前には商店、飲食店及び金融機関等があるが、コンビニは無い。

 快速なよろは全列車が停車する。
 駅から400m歩くと、国道40号上の道北バス比布バス停にたどり着く。ここには名寄線、比布経由愛別線(5系統)、1日3往復の遊湯ぴっぷスキー場線(32系統)が停車する。

旧駅舎の様子



駅看板1 駅看板2
駅の風景1 (名寄方面を望む) 駅の風景2 (旭川方面を望む)
駅の風景1 (旭川方面その先) 駅舎に併設している喫茶店の看板
名所案内 観光案内1
pippu_map_large.jpg
観光案内2 観光マップ (クリックで拡大)

駅情報

 ホームは2面2線で、跨線橋を渡った2番線はかつてはホームがもっと長かったが、現在は柵が設置されている。

 柵の先にも駅看板がある。駅舎内にはここから遊湯ぴっぷ・ぴっぷスキー場へのバス時刻表が貼ってある。

 駅周辺は住宅街・商店街で、すぐ近くには喫茶店(駅舎併設)、公衆電話、トイレ(トイレは7-22時に使用可能)、地域ふれあい館(ブンブンハウス・駅降りて左手100メートル)がある。

 なお、比布は「ぴっぷ」と読むため、磁気治療器のCMのロケ地に当駅が使われたことがある。

[2007/05/20,村山 弘]
[2016/03/22,東モト]

隣接駅


南比布  ←  比布  →  北比布



Copyright c 1997-2016 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)