上川駅
石北本線


 上川町の中心的な駅で、旭川-上川間で有人駅はここと旭川駅のみである。層雲峡へは旭川駅や上川駅からバスで行くことができる。駅舎正面には「歓迎 大雪山層雲峡温泉」という内容が書かれている。
 駅ナンバリングはA43であり、所在地は上川町中央町である。

上川駅の様子


駅看板1 駅看板2
名所案内1 名所案内2
名所案内3 名所案内4
kamikawa_map.jpg
上川町マップ (クリックで拡大) 駅の風景 (遠軽方面を望む)
駅の風景 (旭川方面を望む)

駅情報


 ホームは2面3線で、ほかに線路がもう1本ある。当駅には特急「オホーツク」が上下4往復すべて停車する。駅舎内にはトイレが併設されているが、キオスクや駅そば屋はない。駅周辺は商店街が建ち並び、駅から徒歩3分でセイコーマートがある。また駅前には旅館もある。
 かつては上川駅から遠軽駅方向に向かって天幕駅、中越(なかこし)駅、上越(かみこし)駅、奥白滝駅上白滝駅白滝駅旧白滝駅下白滝駅と駅が続いており、このうち奥白滝駅から下白滝駅までは5駅連続で「白滝」の名がついていた。しかし、上川駅-上白滝駅までの4駅である天幕駅、中越駅、上越駅、奥白滝駅は利用者皆無となり、2001(平成13)年6月30日までにすべて廃止 (このうち中越駅、上越駅、奥白滝駅は信号所として現在も機能している) された。また上白滝駅旧白滝駅下白滝駅は2016年3月25日をもって廃止された(このうち下白滝駅については現在も信号場として機能している)。
 上川駅周辺には、旭川と北見を結ぶ都市間バス石北号(道北バス運行)4往復、旭川と紋別を結ぶ特急オホーツク号3往復、札幌と紋別を結ぶ流氷もんべつ号1往復が停車する。
[2007/05/19,村山 弘]
2009/03/01,文章追加

隣接駅


東雲  ←  上川  →  奥白滝(廃)



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)