萩野駅
室蘭本線


貨物列車も発着する [*註] が,住宅街の中の駅である.

萩野駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景 (苫小牧方向を望む) 駅の風景 (東室蘭方面を望む)

駅情報


 周囲は住宅街となっており,駅北側には学校もある.ここから隣の北吉原までの線路沿いには日本製紙の工場が広がっており,この駅から工場内に専用線が延びている.また,パルプ原料となるウッドチップを運ぶための列車が,室蘭本線・崎守駅前の室蘭海陸通運・崎守チップ現業所とこの駅の間を毎日往復している [*註]

 駅は2面4線の構造となっており,駅舎側から上り本線,下り本線,待避線(3番線),4番線,側線×4となっている.3番線は上下共用で,普段は下り列車が1日1回入るだけだが,ダイヤの乱れ等があると上り列車が入ることもある.4番線には停止目標が建っていないので多分使われていないのだろう.駅の事務室には JR 貨物の看板が掲げられており,管理は JR 貨物が行っているのかもしれない.午後だけ出札窓口が営業している模様.トイレは「並」といったところ.
 駅を出て正面の国道 36 号を右手方向に歩くとセブンイレブンがある.

  ※編註:このチップ輸送列車は2008年3月12日をもって廃止されている.

[2006/10/21,雅]

隣接駅


北吉原  ←  萩野  →  白老



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)