幌別駅
室蘭本線


 登別温泉で有名な登別市の中心駅である.

幌別駅の様子


駅看板 駅舎(裏側)
駅の風景 (苫小牧方向を望む) 駅の風景 (東室蘭方面を望む)
horobetsu_guide_large.jpg
駅前の様子 駅周辺案内図 (クリックで拡大)

駅情報

 2面3線のホームと,保線車両の留置線を有する駅である.待避線は苫小牧方面行きの列車のみが入れる構造になっている.
 冒頭でも触れたとおり,登別市の行政機能などは登別駅ではなく,当駅周辺に集まっている.この地はかつては「幌別町」という名前で名実ともに幌別が中心であったのだが,昭和 36 年に「国際的にも有名になった登別温泉の名によって,町名を代表させる」目的のため「登別町」と改称し,その後「登別市」となって今日に至る・・・という歴史的経緯によるものである.

 立派な駅舎だが,やや暗い.人がいないという意味ではなく,光が足りない.
 郵便局は駅前にでっかいものが存在する.駅前の太い道を直進し,ひとつめの信号を左手に入るとローソンがある.徒歩5分ほど.

[2007/08/13,雅]

隣接駅


鷲別  ←  幌別  →  富浦



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)