羽帯駅
根室本線


 清水町字羽帯にある農村地帯の簡素な駅で、普通列車は停車するより通過するほうが多い駅である。駅ナンバリングはK25である。

羽帯駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景 (釧路方向を望む) 駅の風景 (滝川方面を望む)
駅ノート

駅情報


 ホームが1面1線しかない小さな駅であるうえ、普通列車は一日に上下4本ずつしか停車しない。私が当駅を訪れたときは真夏日の日光下で隣の御影駅から45分ほど歩いてきたが、常にうちわを扇いでいないといられないほどだった。停車する本数が少ないせいか、待合室内には日記帳が置いてあった。当駅のみならず隣の駅から歩いて訪れるような場合には、しっかりと水分補給や日射病対策などをしてから訪れることをお勧めする。駅を降りて右折すると国道38号線と交差し、その交差点の近くには店が1軒ある。

[2007/08/14,村山 弘]

隣接駅


十勝清水  ←  羽帯  →  御影



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)