発寒駅
函館本線


 発寒中央駅・稲積公園駅とともに 1987 年の 11 月 1 日に開業した.
 この3駅の中では最も乗降客が最も少なかったが,その増加率は一番高い.

発寒駅の様子


駅看板1 駅看板2
札幌方向を望む 小樽方向を望む

駅情報


 当駅の周辺には発寒鉄工団地・木工団地が広がっていたが,木工団地の一部が移転したことによりその跡地にイオン発寒SCやマンションが建ち,その影響で平成18年には乗客が前年比17%増加し,その後も増加率は鈍っているものの増加傾向である.
 また,札幌市最大のショッピングセンターであるイオン発寒SCは当駅から南に徒歩4分のところにある.

接続バス路線

発寒駅北口バス停

  • 循環寒46 発寒駅北口行(新発寒地区循環)

発寒駅通バス停(南口から徒歩2分,発寒西公園に隣接)

  • 42・宮42 手稲山口団地行(稲積公園・手稲駅南口経由)
  • 宮42 宮の沢駅行(朝の一部便は42系統として札幌駅まで直通)

JR発寒駅前バス停(南口から徒歩2分,札幌側踏切近く)

  • 西44 新川営業所行
  • 西44 宮の沢駅行


[2007/05/20,柏 達哉]



隣接駅


稲積公園  ←  発寒  →  発寒中央



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)