岩見沢駅
函館本線/室蘭本線


岩見沢市の中心駅であり、函館本線と室蘭本線が交わる要衝である。

岩見沢駅の様子


駅看板1 駅看板2
札幌方を望む 旭川方を望む
ホームにあるばんば(そりを曳く馬)の像


駅情報


3面5線の構造を持つ有人駅で、駅にはみどりの窓口やキオスクもある。全ての特急、快速列車が停車するターミナル駅で、かつては幌内線や万字線も乗り入れていた。そのため、駅構内には多数の留置線が存在し、かつての様子を物語っている。駅にはバスターミナルも併設されており、多くのバスが発着する。駅周辺もにぎやかで、特に駅前通りにはさまざまな商店が名を連ねている。コンビニは徒歩4分ほどのところにサンクスがある。2000年に駅舎が火事で全焼し、その後しばらくはプレハブの駅舎で営業を続けてきたが、2007年に現在の新駅舎が開業した。2009年には全面開業する予定である。

[2009/03/23,長澤倫太郎]

隣接駅


上幌向/志文  ←  岩見沢  →  峰延




Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)