瀬戸瀬駅
石北本線


遠軽町瀬戸瀬西町にある遠軽町・瀬戸瀬地区の中心的な駅である。駅ナンバリングはA49である。

瀬戸瀬駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景 (遠軽方向を望む) 駅の風景 (上川方向を望む)
setose_yubetsu.jpg
瀬戸瀬駅の駅ノート 湧別川ダム付近を走行する列車
(2007年12月27日撮影) (クリックで拡大可)

駅情報


 対向式2面2線のホームがあり、駅舎側は下り(遠軽行き)ホーム、跨線橋を通った反対側は上り(上川方面行き)ホームで、上下2往復の普通列車はすべて停車する。駅周辺は瀬戸瀬の集落となっている。この駅にはごみ箱が設置されていなかった.

 当駅から遠軽駅方面に1km強進むと湧別川ダムがある。ここでは湧別川ダムをバックにして列車をサイドに撮影することができる。さらに線路沿いの道を進むと1軒の公民館とバス停「栄野会館」がある踏切にたどり着く。ここにはかつて新栄野駅があったものの、平成18(2006)年に廃止された。

 駅近くの瀬戸瀬バス停には遠軽町営バス遠軽丸瀬布線が停車する。このほかに、駅から1.4km離れた小学校前まで行くと、遠軽町営バス瀬戸瀬温泉線が3往復(日曜・祝日は2往復)運行されている。
[2008/06/28,村山 弘]

隣接駅


丸瀬布  ←  瀬戸瀬  →  新栄野(廃)




Copyright © 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)