銭函駅
函館本線


 小樽市銭函にある,縁起のいい駅名の駅である..

銭函駅の様子


駅看板1 駅看板2
札幌方向を望む 小樽方向を望む
zenibako_description_large.jpg
銭函 銭函の地名の説明 (クリックすると拡大表示)
3番ホームから海を望む 高速見晴バス停から海を望む
高速見晴バス停 高速見晴バス停入口

駅情報

当駅の駅名は銭函と非常に縁起が良いが,この駅名はかつてのニシン漁の盛況から付けられた駅名である.

また,当駅には中線があるが,この中線はほしみ止まりの列車が折り返すためのものである.

当駅を出てすぐのところにローソンとセブンイレブンがあり,そこから駅前の道を山側に進んでいくと徒歩10分ほどの国道5号線上に銭函バス停があり,このバス停のすぐ近くにある太田整形外科医院横の(両側)1車線の路地を山側へ5分ほど登っていくと高速見晴バス停があり,円山経由の便が5~10分に1本,北大経由の便が30分に1本と非常に高頻度で札幌と小樽を結んでいる.

ただし,高速バスは助手席を含めて満席になった場合には,安全上の理由から途中のバス停を通過せざるを得ないため,小樽~手稲間のJRが運休になってしまったなどで小樽方面からの高速バスの乗客が満員が予想され,なおかつ札幌・小樽方面に向かわざるを得ない場合は,地下鉄宮の沢駅(西町北20丁目)まで1時間に1~2本程度・小樽駅まで1時間に1本と運行頻度は低いものの,国道経由の路線バスのほうが確実である.

[2009/05/16,柏 達哉]



隣接駅


朝里  ←  銭函  →  ほしみ



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)