増毛駅
留萌本線


留萌本線の終点であり、増毛町弁天町にあった増毛町の中心駅だった駅である。その名前から入場券は発毛にご利益があると言われている。

増毛駅の様子


駅看板1 駅看板2
深川方を望む 列車止め
名所案内 駅に停車するノロッコ号

駅情報


 1面1線の構造を持つ無人駅である。駅周辺には増毛漁港もあり、町が広がっている。駅から徒歩10分のところに沿岸バスの増毛ターミナルが設けられており、札幌と羽幌を増毛経由で結ぶ特急はぼろ号(1日1往復)等が停車していたが、解体されることが決まっている。また、増毛駅の入場券は駅近隣の売店や留萌駅で購入することができる。また、ゴールデンウィークには「留萌増毛ノロッコ号」が運転されるが、この駅はホームが短いため、機関車がはみ出してしまっている。また、高知県のJR予土線には半家(=はげ)という駅があり、半家 - 増毛の切符なんてものも買うことができる。
 2016年12月4日限りで留萌本線の留萌 - 増毛間が廃止されたため、廃駅となった。
[2009/05/05,長澤倫太郎]
[最終更新:2016/12/04、乗リツ]

隣接駅


 箸別  ←  増毛  



Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)