恵比島駅
留萌本線


沼田町恵比島にあるNHK連続テレビ小説「すずらん」のロケ地になった駅である。テレビロケでは「明日萌駅」として使用され一躍有名となった。また,かつては留萠鉄道が当駅から分岐していた。

恵比島駅の様子

駅看板 駅看板 (明日萌駅)
駅の風景 留萌(・増毛方面を望む) 駅の風景 深川方面を望む)
ロケで使用された「明日萌駅」駅舎内部 恵比島駅待合室
恵比島駅待合室の内部 「ようこそ明日萌へ」と書かれた看板
ebishima_slsuzuran.JPG
駅前の様子 当駅に停車中のSLすずらん号
(2006年6月25日撮影・クリックで拡大)

駅情報

 1面1線のホームに駅舎・待合室がある.元々は貨車を再利用した駅待合室だけがここにあったが、NHK連続テレビ小説「すずらん」のロケで「明日萌駅」と書かれた駅舎が設置された。NHK「すずらん」は昭和初期を舞台にした番組なので、レトロな駅舎となった。これに合わせて以前からあった駅待合室も外側から木で覆い、「外見だけ」レトロ調になった。そのため駅待合室の中に入ると貨車を利用したものだとわかる。

 駅周辺は恵比島の集落があり、ロケで使用された建物も一部が残存している。その一つが駅を降りて左手にある「中村旅館」で、現在は商店として営業している(営業時間:10:00 - 15:00)。中村旅館は恵比島駅のトイレの代わりにもなっている。

 NHK「すずらん」では真岡鐵道からSLをレンタル・運行してロケを行った。これがきっかけとなって北海道にSLブームが到来。留萌本線に北海道初の復活SLとして「SLすずらん号」が運転されたのを皮切りにして、以後道内各地でSL列車が運転するようになった。ちなみに,「SLすずらん号」はNHK「すずらん」ブームも過ぎ去り、利用客が低下したため2006年で運転を休止した。

 駅前には沼田町営バス幌新線が発着する。このバスは沼田駅前と幌新温泉を結んでおり、留萠鉄道の廃止代替の役割も担っている。

[2009/05/09,村山 弘]
[最終更新:2016/11/05、乗リツ]

隣接駅


真布  ←  恵比島  →  峠下



Copyright c 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)