昆布駅
函館本線


磯谷郡蘭越町昆布町の中心駅である。

昆布駅の様子


駅看板1 駅看板2
札幌方を望む 函館方を望む
駅前の観光案内 観光案内センター
街灯に取り付けられた駅名板


駅情報


1面1線の構造を持つ無人駅である。駅周辺にはニセコ温泉卿が広がり、昆布川温泉や昆布温泉もここにある。また蘭越町の観光案内センターもあり、蘭越町の観光の拠点としての役割も持っていると思われる。

ちなみに駅名の由来だが、海藻の昆布とは特に関係なく、昆布岳がもともとアイヌ語で“コンプト・ヌプリ”だったので、これから取って駅名にしたという。

駅の周りにはコンビニはなく、民家が道路沿いに並び、郵便局や小さな商店がある。また、駅にトイレはない。

[2009/08/30,長澤倫太郎]

隣接駅


  蘭越  ← 昆布  →  ニセコ   




Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)