瀬越駅
留萌本線


留萌市沖見町にあった留萌市街地・ゴールデンビーチるもい(海水浴場)の最寄り駅である。

瀬越駅の様子

駅看板1 駅看板2
深川方を望む 増毛方を望む
segoshi_timetable_large.jpg segoshi_map_large.jpg
海水浴利用者のための
(旭川方面との接続が記された)時刻表
(画像クリックでこの画像を拡大表示)
海水浴場への地図
(画像クリックでこの画像を拡大表示)

駅情報

 当駅から徒歩3分で海水浴場のゴールデンビーチるもい、高台方面に上ると徒歩3分でセブンイレブン、徒歩13分で留萌市の中心部である留萌十字街バス停があるため、1926年と早いうちから仮乗降場として設置され、1969年には臨時駅に昇格した。しかし正式な駅になったのは国鉄分割民営化時(1987年)である。
 駅の横にある踏切から坂を勾配14%の坂を登っていくと沿岸バスの留萌税務署前バス停に着く。ここには沿岸バスの留萌 - 増毛間のバス(大別苅線)のほかに、留萌市内を回るバスも停車する。
 2016年12月4日限りで留萌本線の留萌 - 増毛間が廃止されたため、廃駅となった。

[2009/09/13,柏達哉]
[最終更新:2016/12/04、乗リツ]

隣接駅


   留萌  ←  瀬越  →   礼受  




Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)