上白滝駅
石北本線


遠軽町上白滝にあった駅である。駅ナンバリングはA44だった。

上白滝駅の様子

駅看板1 駅看板2
駅の風景 (遠軽方向を望む) 駅の風景 (上川方向を望む)
上白滝駅時刻表



駅情報


 ホームは1面1線で、あまり近くに人家は多くないがあるにはある(参考:2010年の国勢調査では遠軽町上白滝地区の人口は37人である)。当駅は1日に上下各1本しか止まらないため、列車による到達が非常に困難な駅である。かつて上川駅と上白滝駅の間には (上川駅から順に) 天幕駅、中越(なかこし)駅、上越(かみこし)駅、奥白滝駅があったがいずれも廃止されたため、上川-上白滝間は在来線の駅間距離では国内で2番目の長さとなった。その後、当駅の廃止により国内の最長駅間距離となった。ちなみに、この駅があった当時、在来線の駅間距離第1位は石勝線の新夕張-占冠間であった。
 利用者僅少のため2016年3月26日のダイヤ改正をもって廃駅となった。

駅跡へのアクセス方法

 車なら、旭川紋別自動車道白滝インターチェンジから国道339号を西に2km。公共交通なら、白滝または丸瀬布から月曜・水曜・金曜に運行されている遠軽町福祉バス白滝丸瀬布線で、ほのぼの下車、徒歩1.1km。
[2008/06/29,清水 美公(解説・写真)・松尾 善紀(写真)]

隣接駅


奥白滝(廃)  ←  上白滝  →  白滝




Copyright © 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)