鹿ノ谷駅
石勝線(通称・夕張支線)


かつては夕張鉄道との乗り換え駅であった駅である。駅ナンバリングはY24である。

鹿ノ谷駅の様子


駅看板1 駅看板2
夕張方を望む 南千歳方を望む
shikanotani_timetable_chuo1_large.jpg shikanotani_timetable_chuo2_large.jpg
中央バスレースイリゾート行時刻表
(画像クリックでこの画像を拡大表示)
中央バス岩見沢・高速経由札幌行時刻表
(画像クリックでこの画像を拡大表示)
shikanotani_timetable_yutetsu1_large.jpg shikanotani_timetable_yutetsu2_large.jpg
夕鉄バス社光(旧夕張駅)方面時刻表
(画像クリックでこの画像を拡大表示)
夕鉄バス清陵町・登川方面時刻表
(画像クリックでこの画像を拡大表示)


駅情報

 かつての夕張鉄道との分岐駅であったため非常に広大な構内を有する1面1線の駅である。
 また,この夕張鉄道線の廃線跡はサイクリングロードとして活用されており、清水沢駅方面に2.5km程行った平和運動公園付近にはΩカーブの一部を形成する高架橋が石勝線夕張支線の上を通っていて、このほかにかつてはスイッチバックで有名な錦沢駅付近まで整備されていたが、トンネルの老朽化により旧(夕張鉄道)平和駅の先で行き止まりとなっている。
 これ以外にも、当駅から1.5kmほど南へ行った夕張市若菜市街にある夕鉄本社ターミナルでは、かつての夕鉄若菜駅において行われた夕張鉄道と夕張市各地へのバス路線との接続が、急行新さっぽろ駅前行(由仁・長沼市街地経由)と夕張市各地からのバスとの接続という形で現在も残っており、時刻表にも急行便接続の表記があるほか、急行接続便のバス前面には"札急接続便"の表示が出ている。

 駅前には郵便局がある。

 「極端にご利用の少ない駅」では当駅は「利用者が1人より多く10人以下」の駅となっている。

[2009/09/13,柏達哉]
[最終更新:2016/08/03、乗リツ]

隣接駅


   清水沢  ←鹿ノ谷→  夕張   




Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)