SLの有名撮影地で,小樽発の「SLニセコ号」は上り勾配を駆け上がるため,黒煙に期待可能である.


アクセス

青色の目印が撮影地点である.

(広域)

より大きな地図で 撮影スポット情報/函館本線(長万部~札幌) を表示

(詳細)

より大きな地図で 撮影スポット情報/函館本線(長万部~札幌) を表示

小樽駅から約3km,徒歩だと45分程度.小樽駅から撮影スポットまでは上り坂が続くのであまり現実的とはいえない.自動車かバスでの利用が便利である.

バスの場合,中央バス・ニセコバス「長橋5丁目」で下車,徒歩2分.
「小樽駅前」から「長橋5丁目」までは,中央バスだと積丹(しゃこたん)線・20系統(美国行き),積丹線・21系統(余別行き・神威岬行き)に乗車.ニセコバスだとニセコ駅前行きに乗車するとよい.


作例

ssi-otamoi-01.jpg
撮影日時 2009-10-18 9:50
焦点距離 35mm換算:約160mm
カメラ Nikon D5000
撮影列車の方向 上り(長万部方面)
先頭車の車番 キハ150-15

倶知安行き普通列車を撮影.SLの通過する約20分前にやって来る.


ssi-otamoi-02.jpg
撮影日時 2009-10-18 10:07
焦点距離 35mm換算:300mm
カメラ Nikon D5000
撮影列車の方向 上り(長万部方面)
先頭車の車番 C11 171

倶知安方面・蘭越行「SLニセコ号」を撮影.


備考

光線状態は午後が順光である.「SLニセコ号」が通過する時間は半逆光(側面のみ陽があたる)となる.