石北本線上白滝駅の上川寄り300mほどのところに位置する国道333号の跨線橋の上が撮影ポイント。
 雑草の影響がほとんどなく、すっきりと開けた視界で撮影することができる。

 周囲には広葉樹林が広がるため、6月には新緑、10月中旬には紅葉の中を走る列車を撮ることが期待できる。

 なお跨線橋には両側とも歩道がなく、路肩の幅もそれほど広くない。
 交通量はそれほど多くないものの、車の速度は速い。
 よって、 安全確保のため、ガードレールの外側で撮影することが望ましい


撮影地点A・作例

撮影地点の地図(地点A,地点B共通)
青色の目印が撮影地点である。
GoogleMaps plugin Error : GoogleMapsのタグを入力してください。(2)

 跨線橋の上から上川方面を望むのがA地点。
 標準系のレンズを用いれば編成全体を収めた画を撮ることができる。
 また、望遠系のレンズを用いても面白い画を撮ることができる。
 早朝-午前が順光。

kamishirataki1.jpg
撮影日 2007-10-06
焦点距離 35mm換算:約70mm
カメラ FUJIFILM FinePix A800

(後追い撮影)

kamishirataki2.jpg
撮影日 2007-10-06
焦点距離 35mm換算:約300mm(デジタルズーム併用)
カメラ FUJIFILM FinePix A800

 望遠をかけるとこのような画になる(後追い撮影)。


撮影地点B

 跨線橋の上から遠軽方面を望むのがB地点。通信ケーブルの処理が課題となる。
 跨線橋の中ほどには、線路際に下りる階段があり、これを利用して線路際で撮影するというのも手。
 午後順光。

kamishirataki3.jpg
撮影日 2007-10-06
焦点距離 35mm換算:38mm
カメラ FUJIFILM FinePix A800



アクセス

<鉄道利用の場合>
 白滝駅で下車し、そこから徒歩かタクシーを利用する。(旧上白滝駅までタクシーでは5分程度)なお白滝駅前のタクシーは1-2台程度しかないので事前に予約をするのが無難。旧上白滝駅へのアクセスも参照。

<自動車利用の場合>
 旭川紋別道白滝ICを出た後、国道333号を上川方向へ戻る。白滝の市街地を抜けた後5分程度進むと上白滝駅前に至る。その先に見える跨線橋が撮影地。
  跨線橋の周辺には駐車スペースはないため、旧上白滝駅前に車を置き、徒歩で向かうのが良い。
 なお国道333号線は交通量は多くないものの、車の速度は速い。跨線橋周辺は見通しも良くないため、 路上駐車は厳禁 と言えよう。