釧路湿原駅
釧網本線


釧路湿原国立公園への観光を目的として、1988(昭和 63 )年に開業した駅である。
釧路町字トリトウシ原野に位置する。駅ナンバリングはB56である。

釧路湿原駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景 (網走方面を望む) 駅の風景 (釧路方面を望む)
駅の風景 (釧路方面・ホーム延長部) 名所案内
kushiroshitugen_map.jpg
周辺マップ (クリックで拡大)

駅情報

 1面1線のホームがあり、臨時列車「くしろ湿原ノロッコ号」や「SL冬の湿原号」は停車するが、普通列車は一部(特に,日の出前と夜間はほとんどの列車が)通過する。また、駅ホームのうち釧路寄りの一部は探訪時、立入禁止になっていた。

 駅周辺は湿原が広がる。ここから900m(徒歩20分程度)のところに細岡展望台があり、釧路湿原を一望できる。また、線路沿いの小道を5分ほど歩き、左折して遮断機のない踏切を渡ると民宿・喫茶店がある。

 2004(平成16)年、歌手の水森かおり氏がご当地ソング「釧路湿原」を歌ったことでも話題となった。

[2010/02/06,村山 弘]

隣接駅


遠矢  ←  釧路湿原  →  細岡



Copyright c 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)