茅沼駅
釧網本線


 タンチョウヅルの飛来する駅として有名な駅である.

茅沼駅の様子


駅看板1 駅看板2
観光案内 記念写真スタンド
駅の風景 (網走方面を望む) 駅の風景 (釧路方面を望む)
駅ホームからタンチョウヅルを眺める 駅ノート
kayanuma_map.jpg
周辺マップ (クリックで拡大)

駅情報

 1面1線のホームがあり,駅のそばにタンチョウヅルが飛来するスペースがある.茅沼駅がまだ有人駅だった頃,駅長さんがタンチョウヅルに毎日エサを与えていたことから,当駅にツルが飛来するようになった.現在でも地元の人がエサを与えており,ここからタンチョウヅルの姿を目撃することができる.

 周辺は茅沼の集落で,駅前に喫茶店がある.また,南へ 1km 進んだところに「憩の家かや沼」(温泉・食事・宿泊施設)がある.

[2010/02/07,村山 弘]

隣接駅


塘路  ←  茅沼  →  五十石(廃)



Copyright c 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)