Dual Mode Vehicle
JR北海道

jrhdmv-01.jpg

 DMV(デュアルモードビークル)は、JR北海道と日本除雪機製作所によって開発された道路と線路の両者を走行できる車両である。構造はバスとほぼ同一であり、道路上はゴムタイヤで走行し、線路上はレール用車輪によって線路通り進めるようにし、ゴムタイヤの工藤によって走行を行う。道路走行から線路走行への切り替えはガイドウェイによって行われる。
 2004年に第一次試作車が製造され、2005年に2両併結運転が可能な第二次試作車が製造された。2007年にはその第二次試作車を使用した試験的営業運転が釧網本線で開始され、藻琴‐浜小清水間で運転されている。このとき併せて釧路運輸車両所の所属となった。
 2008年には洞爺湖サミットにあわせて、第三次試作車が製造された。これはトヨタの協力によるものであり、定員が16人から28人へと増加している。

その他の情報


jrhdmv-02.jpg jrhdmv-03.jpg
第一次試作車 第二次試作車
jrhdmv-04.jpg jrhdmv-05.jpg
第二次試作車 浜小清水駅のガイドウェイ
jrhdmv-06.jpg jrhdmv-07.jpg
第三次試作車 路面走行モード

[2010/2/11]


Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)