交通図鑑 > 北海道の交通 > 札幌市交通局7000形


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7000形
札幌市交通局

scs7000-01.jpg

 7000形は東豊線で運用されている車両である。18mの4両編成である。1987年に01編成が登場(竣工は1988年)し、2010年2月現在20編成が営業運転についている。01~15編成と16~20編成ではマイナーチェンジが行われており、外観では非常用前面扉と乗降扉が白からブルーへと変わり、LEDによる前面行き先表示機が取り付けられている。全車両が東西線西車両基地(二十四軒駅‐西28丁目間)に属しているため、大通駅の連絡線を通り、東西線を走行する。


その他の情報


scs7000-02.jpg scs7000-03.jpg
3次車 2次車

[2010/2/14]


Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|