210形
札幌市交通局

sct210-01.jpg

 210形は1958年に5両導入された車両である。211号~215号まで製造されたが、214号と215号は1989年に廃車となっている。110形と120形の機器を流用して製造した車両であり、札幌綜合鉄工協同組合が製造した。当初は直接制御(架線からの電流を運転台に引き込み制御する方法)であったが、東京都電8000形からの発生品によって間接自動制御(信号線だけを運転台に引き込み制御する方法)へと変わっている。1988年に車体更新が行われている。

[2010/2/15]


Copyright 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)