雪1形
札幌市交通局

sctyuki1-01.jpg

 雪1形は1949年に8両導入されたブルーム式の排雪車である。使用されるササラは割竹を針金束ねて造られたものである。1969年から70年にかけて車体が木製から鋼製化され、現在3雪1~3の両が現役である。また木製車体のものが交通資料館に保存されている。

[2010/2/15]


Copyright 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)