雨宮21号
丸瀬布いこいの森

ikoiame21-01.jpg

 雨宮21号は雨宮製作所で1928年に製造された蒸気機関車である。北海道庁にとって初めて導入された国産機関車であった。これは丸瀬布町(現遠軽町)に存在していた武利森林鉄道向けに造られた車両であり、同型機はNo.18-20の3両が導入されている。18号は落合森林鉄道へ移管され、19号は後に21号へと改番されている。1957年にディーゼル機関車に置き換えられる形で運用休止となり、1958年に廃車となっている。その後20号は解体されたが、21号は保存された。1980年に札幌交通機械の手によって動態復元がなされており、いこいの森で動態保存されている。2004年10月22日には北海道遺産に認定されている。

その他の情報


ikoiame21-02.jpg ikoiame21-03.jpg
出発駅と到着駅は同一 走行シーン
ikoiame21-04.jpg ikoiame21-05.jpg
サイドビュー 石炭、薪はここに積まれる

[2010/2/16]


Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)