DE10形ディーゼル機関車
十勝鉄道

tokachide10-01.jpg

 十勝鉄道DE10-1543号機は、2004年にJR東日本から購入し、導入されたディーゼル機関車である。DE10-1543号機は1971年に日本車輌製造豊川工場で製造され、青森機関区に新製配置された。その後、盛岡、釜石、田端、宇都宮と配置を変えている。十勝鉄道売却に当たり寒冷地に対応できるよう、大宮工場で旋回窓の取り付け等が行われている。現在は主力機として活躍中である。

[2009/2/19]


Copyright c 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)