D5606形
十勝鉄道

tokachid5606-01.jpg

 十勝鉄道D5606号機は、1998年に苫小牧港開発から購入し、導入されたディーゼル機関車である。D5606号は川崎重工で1977年にDD13形をモデルとして製造され、苫小牧開発株式会社線に導入された。その後専用線で使用されたが、1998年に全線休止、同年移籍した。なお、D5606以外の車両は旭川通運で1両、名古屋臨海鉄道で2両が活躍中である。

[2010/2/19]


Copyright c 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)