ホキ2200形
JR貨物

jrhhoki2200-01.jpg

 ホキ2200形は1966年から1974年に1160両製造された、30t積ホッパ車である。穀物をバラ積みするために開発された車両であり、容量を増やすべく、非常に大きな楕円形をしているのが特徴である。現在は全車廃車となっており、三笠クロフォード公園や小樽市総合博物館で保存されている。

[2010/2/19]


Copyright 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)